アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

はじめまして

37歳で結婚。
年齢のこともあり、さっそく子作りスタートしたものの、
まったく妊娠する気配すらなし。

38歳、それでもまだ「いつかは授かれるだろう」という思いで、不妊専門のクリニックへ。
そこで宣告された、「自然妊娠の可能性が低い」という現実。

あれよあれよという間に、いきなり体外受精スタート。

あれからもうすぐ1年。
まだ何もかわっていません。

そんな私の不妊治療の記録として、
細々と書いていこうと思います。