アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

三回目の採卵周期(採卵日決定)

クロミッドもゴナールエフも、もう慣れたものです。

自己注射も、治療開始当時は不安で不安で、怖かったので、

旦那にあたたかく見守られながら注射していたのですが、

もう何度も数をこなしてくると、

旦那がトイレに入ってる間に、部屋でブスリと注射しちゃうぐらいの余裕感。

「えっ?もう注射終わったの?」とビックリされました。

 

採卵は三日後に決定。

明日の夜にオビドレル皮下注を、指定時間厳守で注射。

時間が守れなかった場合、採卵が中止になることもありますと毎回脅されるので、

そこはしっかりと確認しました。

明後日は22時以降、飲食禁止。

 

さて、今回はいくつのタマゴちゃんが採れるんでしょうね。

しっかりと育ってね!!

 

 

本日のお会計:22,350円

助成金合計:300,000円

治療費差引合計:822,740円