アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

二回目の胚移植(判定日)

ドキドキもワクワクもすることなく迎えた、今回の判定日。

なんだったら、すでに生理が始まっていて、もう終わりかけの状態。

尿検査の結果も反応が出ず、先生も「今の出血は生理だね」と言っていました。

 

あっさりと終わりを迎えた、私の貯卵。

またイチから採卵しないと。

 

また、自己注射か。

また、クロミッドか。

また、採卵の痛みに耐えなきゃなのか。

 

今度はいくつ採れるのかな。

ちゃんと受精はするのかな。

 

まだ不妊治療を始めたばかりなのに、すでに戦意喪失モード。。。

 

美味しいもの食べて、また前向きに進みます。

 

 

本日のお会計:2,540円

治療の総額:657,220円