アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

卵管水腫 岡田病院 手術翌日

手術が無事に終わり、癒着防止のため、ベッドの上で何度も何度も寝返りを頑張りました。

夜中、何度か看護師さんが様子を見に来てくれたり、点滴交換に来たりとしてくれていたようです。

朝7時ぐらいに、ようやく尿管を外すことができました。

開放感、半端ないって!

「とにかく動いてください」と言われたので、とりあえずベッドから起き上がってみました。

腹部の手術部位が痛い。もちろん痛い。

 

恐々とおへその傷を見てみました。

腹腔鏡下手術なので、傷口は小さいものの、今までの自分のおなか表面と違い、三ヶ所のキズがあり、上から医療用ボンドでふさがれていました。

 

朝食はお粥でしたが、まったく食欲が無かったので、箸が進まず、半分ほど残してしまいました。

とにかく、お腹の張りが気になる。

妊婦か?と思うぐらい、下腹部がパンパンに張っている。

看護師さんに伝えたら、「オナラは出てる?お通じは?」と確認されました。

 

腹腔鏡下手術は、お腹に約3リットルの炭酸ガスを入れて行います。

そのため、どうしても体内に残ってしまうので、腹部膨満感が出るようです。

その他、体内に残った炭酸ガスが横隔膜を刺激して、肩凝りのような筋肉痛のような痛みが出てきます。

朝食を食べている途中から、肩とわき腹あたりに痛みを感じ始めたので、湿布を貼ってもらいました。

このガスは、基本的には血液に吸収され、肺から排出されるので、とにかく体を動かして、体内に残っているガスを出さなければいけません。

痛い、でも動かないと解消されない、でも痛い。の繰り返しで、まさに自分との戦い。

 

旦那は、昨日の術後の私の姿とは違い、ヨタヨタではあるものの歩いているので、驚きと同時に安堵した様子でした。

昨夜、私のことが心配で気になって、ほとんど眠れなかったようです。

この日は、一緒に病院内を散歩したり、病室でテレビを見たり、ウトウトしたりして、二人でゆっくり過ごしました。

面会時間ギリギリまで一緒にいてくれて、とても嬉しくて幸せでした。

今日も、着ていたTシャツとお手紙を置いていってくれました。

 

明日はいよいよ退院の日です。