アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

卵管水腫 岡田病院 退院

退院の日。

朝ご飯は機嫌よく完食、そのあと食後のお散歩。

(病院内をウロウロと歩き回る程度ですが)

いそいそと帰宅準備をしていると、旦那到着。

 

会計事務の人が来て、精算準備。

入院保証金として15万円を預けていたので、それで足りるかなと思っていたけど、5万弱ほど足りませんでした。

1階フロアの会計窓口にて支払い完了。

 

薬剤師さんからは、退院後に飲む抗生剤と痛み止めなどを受け取りました。

最後に看護師さんに病室のチェックや忘れ物、返却物などの確認をしていただき、病院を出ました。

 

外はいい天気。まさに退院日和でした。

もう来ないであろうこの土地の散策をしたかったけれど、さすがに術後二日目で断念。

仕事を休んで迎えに来てくれた旦那には、荷物を持ってくれたり、電車内でも座らせてくれたりしてくれて、本当にありがたかったです。

この状況で、荷物を持って山手線に一人で乗るのは厳しかったと思います。。。

 

新宿で乗り換えたとき、まさに街全体がざわついているように感じました。

そりゃそうだ、まさに【新元号が発表】された瞬間だったのだから。

何に決定したのか、さすがに気になったけど、早く家に帰りたいという気持ちのほうが強く、スマホを開くこともなく家路につきました。

 

やっぱり家はいいなぁー。

落ち着くなぁー。

しばらくは自宅で安静にしながら、出来る限り動いて早く快復できるようにしないと!

 

【令和】ですって。

元年ベイビーは叶わなかったけど、令和ベイビー誕生を目指して、前に進みます!