アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

恐怖の卵管造影検査、そして・・・

ついにやってきました、卵管造影検査。

子宮内に造影剤を注入し 、子宮の形や卵管の疎通状態をレントゲンで観察する検査です。

不妊治療をされている方のブログを拝見していると、
この検査は「不妊検査で最も痛い」とか「激痛で耐えられない」といった意見が多く、
正直言って、私は怯えていました。。。受けたくない。。。

でも、「生理痛レベル」だとか「思っていたよりも全然平気だった」と書いている方もいて、
痛みは人それぞれ違うんだと思いました。

私はどっちなんだろう。。。

それより何より、検査後の【輝くゴールデン期間】にワクワクして、
早く受けたい気持ちにさえなっていました(笑)
(どんだけ単純な人間なんだ、私は。)
卵管内に造影剤を流し込むことによって、卵管内が開通したり、組織が回復して、
約6ヶ月間は、妊娠しやすい状態になるようです。

「私の卵管は、きっとタマゴちゃんが通りにくいんだ。だから妊娠しないんだ。
造影剤によって、ツマリが改善されたら、きっとうまくいく!」
そう信じて、クリニックに向かいました。

検査をしてくださるのは、院長先生。
院長先生とは、初めてのご対面でした。

内診室に呼ばれ、子宮内に造影剤を送るためのチューブを挿入。
この時点で、なかなかのド緊張!!
どのレベルで痛いのか、不安でいっぱいでした。

院長先生が、
「ネットでいろいろ調べてるだろうけど、
『痛い』って言ってもたいしたことないから、怖がらずにね。
『卵管が通ってない』って人は、正直ほとんどいないし、
スムーズに造影剤も流れていくと思うよ」
って言ってくださって、気持ちが少しラクになりました。

そのままチューブの先のほうを内ももにテープで貼って固定し、歩いてレントゲン室へ移動。

レントゲン台に寝転がり、もう私の心臓はバクバク、緊張MAX!
「モニターを見ててね」と言われ、横のモニターをガン見!

院長先生が準備を終え、いざ造影剤の注入を開始。
モニターには白い液が広がっていく様が見えたので、「ああ、入ってるんだ」と思いました。
変な違和感みたいなものはあるものの、痛みは今のところ無し。

いつ痛みがくるの? もうすぐ? 急にくるの?
来るなら早く来てーー! そして早く終わってーー!

「痛くない?」と言われ、「今のところ、大丈夫です」と返答。←やけに冷静。
先生が看護師さんに「もう一本持ってきてー」と指示を出し、続けて検査。

「大丈夫?」と言われ、「たぶん大丈夫です」と答えました。←ここも冷静。
また先生が、「もう一本おねがい」と指示を出していました。

結局、痛みがあったのか無かったのかわからず、検査は終了。
緊張のあまり、手汗がすごかったです(笑)

その後、診察室に呼ばれて検査結果を聞きました。

私の子宮サイズは、とても大きく、
通常なら、造影剤を一本使うことで子宮がパンパンになるらしいのですが、
私の場合、三本使ってもパンパンの状態にならなかったようです。
通常の三倍サイズの子宮・・・それが不妊の原因?と思いましたが、
子宮サイズは人それぞれ違って、
たとえば「二重の人がいたり、一重の人もいたり。身長が高い人もいれば、低い人もいる」
それぐらいのことらしく、ぜんぜん問題ないとのこと。


卵管造影検査の結果
【右卵管:閉塞  左卵管:狭窄】


院長先生に、
「検査前に、卵管が通ってない人はほとんどいないって言ったけど、ごめんね。」
って言われました。
左卵管も狭窄ではあるけれど、閉塞に近い狭窄らしく、
タマゴが通るのはちょっと難しいらしい。


私の不妊の原因は、卵管閉塞によるものだと判明しました。

タマゴが卵管を通れない、、、
旦那の分身と出会えてない、、、

そりゃ妊娠しないわけだよ、精子卵子が出会えてないんだもん。

「手術して、卵管を通すことも出来るけど、年齢のこともあるし、
体外受精という方法が一番ベストでしょう」とのこと。

体外受精。。。自分が受けることになるなんて考えたこともなかったよ。
私は今日、卵管造影検査を受けて、無事にゴールデン期間を迎え、しばらくしてめでたく妊娠。
そんなことを思い描いていたのに、すべて砕けていきました。


旦那になんて話そう。
体外受精、、、協力的な旦那も、さすがに戸惑うだろうな。。。

私にはもう自然妊娠の可能性は、ほぼ無いんだ。
体外受精という方法でしか、妊娠できないんだ。

自分の無力さを痛感しました。


帰宅直後、旦那に「どうだった?痛かった?大丈夫だった?」って言われ、
押さえていた涙がダーーーーーって流れました。

泣きながら検査結果を伝え、今後の治療方針を伝えました。

旦那は特に戸惑う様子もなく、「頑張っていこー」って言ってくれて、
もう涙がダーダー出てきました。

ごめんね、こんな嫁で。


本日のお会計:9,850円

治療の総額:52,770円