アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

採卵前の卵胞チェック

採卵に向けての卵胞チェックのため、クリニックに行って来ました。

新宿に移転してから二回目の通院。

まだドキドキしますね、施設の雰囲気に。

 

まずは採血、そのあと内診、そして診察の流れです。

このあいだまではクロミッドでの排卵誘発だったため、

卵胞が1個、良くて2個しか見えなかったけど、

今回はゴナールエフ+クロミッドのため、卵胞がコロコロと見えました!

 

診察室で先生に「4~5個ほど採れると思います」と言われました。

お願いだから、空砲ではありませんように!

 

説明室では、卵胞成長の最後の背中押しのため、追加のゴナールエフ225を注射。

採卵前の準備として、オビドレルを受け取りました。

これは時間厳守の自己注射です。

明日、21:30! ぜったいに!!・・・って、がっつり仕事中だよ。。。

仕方がないから、注射器を持って、トイレでブスリしないと。

ゴナールエフはペンタイプだからまだいいけど、

オビドレルはしっかりした注射器の形をしているから、

初めてではないけど、やっぱりビビる。

 

今日の夜にクロミッドを一錠のんで、明日の夜はオビドレル、

明後日は鍼灸予約が取れたので、採卵前日のラストスパート。

木曜日に採卵です!

今回も無麻酔でお願いしちゃったけど、大丈夫かなぁ。

 

 

本日のお会計:27,220円

助成金合計:700,000円

治療費差額合計:1,716,218