アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

遺残卵胞に悩まされる

転院して初めての採卵で、タマゴが2個採れ、

何とか2個とも受精したものの、その後の成長が止まり、培養中止。

 

突然の入院やら、インフルエンザやらで、体調すこぶる悪し!

そんな年末を過ごし、めでたく新年あけました!

と同時に、生理さんこんにちは。あけおめ生理。

なにも元旦に来なくても、、と思ったけど、仕方ない。

来るものは予定通り来ちゃうんです。

 

年も明けたことだし、今年は絶対にいいことがありますように!と願いをこめて、

今年1発目の採卵周期へ向けて、クリニックに行ってきました。

 

年始早々とはいえ、ここは年中無休。治療にお正月は関係ありません。

大勢の患者さんで埋め尽くされていました。

 

まずは採血。

入院とインフルエンザで薬漬けだった体でしたが、

お正月に実家に戻ってご馳走をたらふく食べてきたので、おそらくリセット済み。

結果が出るまで、1時間ほど待機。

流れとしては、このあと診察室で先生の話を聞いて終了のはず。

 

なのに、呼び出しモニターには「内診室」との指示が!!

え? なんでだろう? 前回は内診なかったのに。

内診のあと、診察室へ。

どうやら、E2の数値が高かったため、内診をして遺残卵胞を確認したらしい。

E2が「109」だった。

この数値が100を超えた場合は、前周期の遺残卵胞が存在する可能性があるようで、

「前周期でできた卵胞が消えずに残っちゃってるね。遺残卵胞っていうんだけど。

これが残っている周期は、採卵しても良好卵が取れない可能性が高いから、

今回は採卵見送りということで。

ピルを飲んでこの遺残卵胞を消していって、卵巣状態を回復させましょう」と。

え? 採卵できないの? ガッカリでした。

新年1発目、いいことが起こりそうな予感がしたけど、全然違いました。

採卵できないってこともあるんだね、初めて経験しました。

 

次回の診察でピルをお渡ししますといって、今周期の採卵は中止となりました。

でも、無理やり採卵したところで、いいタマゴが採れないと意味ないし。

急いでも仕方ない。いいタマゴが採れるまで頑張るしかない!

 

 

本日のお会計:6,480円

助成金合計:700,000円

治療費差引合計:1,180,497円