アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

黄体期のホルモン検査

今日もはりきって(?)クリニックへ向かい、再診受付機にカードを入れて受付完了。
今回も女医先生を指名しました。
待合室でウォーターサーバーのお水を飲みながら、呼ばれるのを待つ。

タララン、タララン♪とモニター音が鳴り、私の番号が表示されたので、採血室へ。
いつもどおり、グイグイと血液を採られたら、またしばらく待合室で待機。

1時間ぐらい待ったかな。
内診室に呼ばれ、超音波検査。
そのあと診察室で検査結果を聞きました。

エストラジオール(E2)】:134.5pg/mL
女性らしさにかかわる女性ホルモン「エストロゲン」を構成する主要成分の1つ。
エストロゲンは妊娠・出産に深く関わるホルモンで、血液検査などで数値を測ります。
エストロゲンの主成分がエストラジオールになるため、
エストロゲンの働きが正しく行われているかは、 エストラジオールの値で判断します。

プロゲステロン(P4)】:21.21ng/mL
排卵直後から卵巣でつくられる女性ホルモンの一つ。
主に受精卵が着床しやすいよう子宮内膜を厚くし、体温を上げる作用があるため、
「妊娠を助けるホルモン」ともいわれます。

初めて聞く用語だったので、「この値はどうなんでしょうか?」と聞いたら、
「問題ありませんね。基準値内です。」とのことでした。

葉酸サプリメントはなにか飲んでいますか?」と先生に言われ、
葉酸】という単語は聞いたことあるけど、特に意識したことない。。。

どうやらこのクリニックでは、院長がオリジナルサプリメントを監修(?)していて、
妊娠出産に必要な要素がギュッとつまっているので、ぜひ飲んだほうがいいとのことで、
若干「営業」の匂いもしたけど、とりあえず一度飲んでみることにしました。

次回は、生理2~4日目に調べる検査です。
今のところ、特に不妊につながる原因が見つかっていません。

まだいくつか検査項目が残っているので、地道に検査を進めていこうと思います。


本日のお会計:9,490円

治療の総額:40,500円