アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

BT37 自然排卵周期 成長確認

心拍確認できてから、いわゆる「つわり」だと思われる症状が出始めました。

とは言っても、吐くところまでいかず、胸焼け程度。

これが日に日にひどくなっていくのかなと思いながら過ごしていました。

 

ただ。

 

数日前からその症状がパタリと消え、普段通り元気。

揚げ物も食べたし、カレーも食べたし、家中の掃除片付けもした。

 

え?これ、どういうこと?

成長止まってる? 心拍どうなってる?

 

診察の日には、もうダメなんだろうなぁと完全にあきらめモード。

お腹の中で頑張ってくれているかもしれないのに。

 

今日から8w、三ヶ月目に突入しました。

受付を済ませ、尿検査→採血→内診。

内診がスタートし、モニターをガン見。

胎嚢が見え、胎芽も見えました。

でも、どれだけ見ても心拍が動いている気配はありません。

先生も時間をかけて、じっくりじっくり診てくれました。

 

診察室で、先生に

「胎芽の大きさは標準より小さいです。

心拍は確認できませんでした」と言われ、

用紙に「心拍 0」の文字が見えました。

 

赤ちゃんの心拍が止まっていました。

 

5日後にもう一度内診をして、そこでも確認できなければその日に手術だそうです。

「流産手術について」というプリントをもらいました。

いつも二言ぐらいしか説明しない先生ですが、

今日は目を見て優しく丁寧に説明してくれました。

 

処置室で、看護師さんに手術当日の説明を受け、

お会計を済ませて終了。

本来なら、そのまま出勤する予定でしたが、

さすがに今日は仕事できないと思い、お休みをいただきました。

 

初めての着床、胎嚢確認、心拍確認。

ここまできて、サヨナラしなければいけなくなりました。

流れるわけでもなく、まだ私のお腹の中にいてくれています。

居心地がいいのでしょうか。

家に着くまで泣くまいとガマンしていた分、

帰宅直後、涙が溢れて止まりませんでした。

 

順調にいけば、今日、予定日が確定し、

ショーキチ先生から産院の説明があるはずでした。

そろそろ母子手帳ももらいに行く時期でもありました。

それらが、直前になってガラガラと崩れ落ちてしまいました。

 

今は何も考える余裕がありません。