アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

2018-02-20から1日間の記事一覧

加藤さんからのお手紙

はい、郵便で届きましたよ。 例の、「加藤さんからのお手紙」。 そうです、クリニックからの請求書です。 今回は、胚盤胞培養と胚凍結費用、保存管理料の請求でした。 前回は、胚盤胞まで成長せず、培養を途中で中止したにもかかわらず、 9万円ほどの請求書…