アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

また来たよ、この痛み

胚盤胞移植から4日。

胚盤胞をアシストハッチングして移植した場合、

翌日には着床が始まるとのことなので、神経を集中させながら、

体の変化を読み取ろうとしていたときのこと。

 

出ました! お腹の張りと発熱!

前回、凍結胚移植したときの症状と同じ!

お腹が張って痛いけど、月末だから業務も休めない・・・

予約していないけど、旦那付き添いで、朝イチにクリニックに向かいました。

 

受付で症状を伝え、診察室で先生とお話。

先生は、痛みや発熱の原因がわからないが、何かしらの炎症を起こしている。

抗生物質を処方するので飲んでください、と。

4回の胚移植のうち、2回もこんな症状が出るものなのか。

子宮が、受精卵を「異物」としてとらえ、排除しようとしているのか。

 

アシストハッチングした胚盤胞移植。期待しまくっていた。

それなのに、またこの痛み。

どうなってるの、私の体は。

この原因がわからないと、何度移植を繰り返しても着床すらしないままなんじゃないか。

せっかく合体したタマゴちゃん、きっと居心地悪くてサヨナラしちゃうんだろうな。

ごめんね、快適なベッドを用意できなくて。

 

つらい、苦しい。

何でこんなことになるんだろう。

誰か教えて。

 

 

本日のお会計:590円

助成金合計:300,000円

治療費差引合計:1,158,130円