アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

三回目の採卵周期(受精確認)

ドキドキの受精確認の電話。

コール音が続き、培養士さんと思われる人が対応。

名前と診察券番号を伝え、しばらく保留音。

「3個の正常卵が採れ、3個とも受精しています」と教えてくれました!

優秀ですね! タマゴちゃんと分身くん、ありがとう!

これまで三回の採卵で、私のタマゴちゃんと旦那の分身くんは、

問題なく受精する能力を持っていると確認できました。

それだけでも感激ですよね。

 

さて問題はこれから。

今回はこのまま培養を続けて、胚盤胞まで育つことを確認してから移植。

3個とも成長が途中で止まってしまったら、また採卵周期スタート。

でも、初期胚移植でうまくいかなかったんだから、次は胚盤胞まで育つか見てみたい。

その思いは強いです。

受精はするものの、お腹の中で成長が続かなかったら意味がないわけで。

胚盤胞まで無事に育ったタマゴは、生命力も強いはず!着床率も高いはず!

 

あとは、タマゴの生命力を信じて祈るのみです。

頑張って!