アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

三回目の採卵周期(採卵当日)

指定された時間にオビドレル皮下注をしっかりと注射し、いざ採卵へ!

今日も旦那と同伴でクリニックへ向かいました。

自宅採精のときも、院内採精のときも、分身くんは優秀だったので、

おそらくどちらでも差は無いだろうけど、旦那に確認したら、

「採精室で、全力を尽くす!」と気合十分だったので、同伴でお願いしました。

 

到着して受付完了早々、私は2階へ、旦那は採精室へ通されました。

「じゃあね」と言ってお別れ。

2階で採卵の支度を終え、順番待ち。

しばらくしてから看護師さんに呼ばれたので、手術室へ移動。

 

名前と生年月日を確認、そして内診台へ。

いつもどおり、看護師さんはためらいもなく座薬を注入してくる。

先生が登場し、採卵スタート。

 

痛い、やっぱり痛い。

けどガマンできる痛み。

これでガマンできなかったら、出産なんてできない!と自分に言い聞かせながら、

先生に身をゆだねて、ひとつでも多くタマゴが採れるように祈りました。

 

時間にして5分ぐらいかな、無事に終わりました。

タマゴはいくつ採れたんだろう。

正常卵かな、未成熟かな。空砲じゃなかったかな。

 

ヨタヨタと歩いてブースに戻り、旦那にLINEで報告。

30分ぐらい休んでから1階に降りて、旦那と合流しました。

旦那が1階にいてくれるって思うだけで、ずいぶん心強いです、ありがとう。

 

結果、3個の正常卵! すばらしい!

明日、受精確認の電話をかけ、胚盤胞まで培養予定。

無事に胚盤胞まで育ったら、移植です。

 

初めての胚盤胞

初期胚よりも着床率の高い胚盤胞

ただ、胚盤胞まで育たずに移植キャンセルになることも大いにあるわけで。

でも、今まで初期胚の移植でダメだったから、

新しいことにチャレンジしていかないと、先へは進めません。

途中で成長が止まってしまったら、やはりタマゴの質が原因なんでしょうね。

 

でもまずは受精することが、今越えるべきハードルです!

明日の電話確認、心臓バクバクなんだろうな。

 

 

本日のお会計:216,000円

助成金合計:300,000円

治療費差引合計:1,038,740円