アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

不妊 vs 妊婦

職場の同僚女性の話。

「私、絶対に不妊だからー!」と騒ぎまくっていたにもかかわらず、

結局子作り解禁1ヶ月目でご懐妊した同僚の話。

 

もともと彼女は、人のことを見下す傾向があり、

自分ひとりでは何も出来ないくせに、ものすごい上から目線で物事を発言するタイプ。

自分の考えがすべて正しいと信じ、他人と意見が違うと、「あいつポンコツだな」と罵る。

自分の親のことも「暇なオバハン」呼ばわり。

人を馬鹿にするし、自分のこと大好きだし、人の悪口ばっかり言うし、

人の気持ちを考えないし、人の言うことは聞かない。

「やってもらって当たり前」の精神だから、他人に対して感謝の気持ちもない。

 

彼女が入籍したときも、

「しかたなく結婚してあげた」だの「あんなやつマジで周りから相手にされないから」だの、

旦那に対して、感謝も尊敬も何もなく、ボロクソに言う彼女。

だったら結婚しなきゃいいのにと心の奥で思う。

彼女が結婚できたことが信じられないし、彼女は旦那に対して全力で感謝するべきだ。

 

仕事中も毎日居眠りするわ、お菓子ばっかり食べるわ、ネットサーフィンしまくってるわで、

仕事ほとんどしないくせに、職場の営業さんのこと「あいつ仕事できないわー」と。

「もっと要領よくできないもんかなー。頭ヨワメだよね」と。

自分は仕事バリバリできる優秀なキャリアウーマンとでも勘違いしてる、きっと。

正直、彼女がいなくても、会社は問題なくやっていける。

いや、いないほうがストレス減るから、そっちのほうがいい。

社長も、彼女の仕事ぶりには頭を悩ませている。

外面だけはいいから人当たりはいい、ただそれだけで仕事はできない、と。

 

そんな彼女が、「自分は不妊だ」といい始めた頃、

「世の中の人間価値の低い人が普通に妊娠できて、

私がそんな人たちに負けるのが、マジで耐えられない」と。

あんたはいったい何様なんだと思うけど、彼女は本気で思ってることだからそれが怖い。

 

そんな彼女は現在、絶賛「妊婦様」進行中。

 

私が不妊治療で悩んでるのを知ってて、

「私、体外受精で生まれてくる子供ってどうかと思うわー」と言い放つ始末。

「普通なら誕生しないはずの命を、人の手で無理やりつくり出すんでしょ?

可愛がれる自信がないわ」と。

 

正直、殴ってやろうかと思った。こいつ、正気の沙汰ではない、と。

 

誰も好き好んで不妊治療しているわけじゃない。

内診台に乗って股を広げ、器具やら針やらを突っ込まれるし、

血液検査のために、どれだけ血液を採られたかわからない。

自分で注射もするし、仕事中に座薬も入れる。

結果が出なくても、大金は容赦なく出ていく。

きっとこれからもその繰り返しなんだ。

これほどまでしても、出来ないものはできない。

それでも、歯を食いしばって頑張ってるんだよ、世の中の不妊患者は。

 

それを彼女は、しれっと「漢方飲んだら妊娠するよ」と。

うるせーよ、それで誰もが妊娠するんだったら、こんなにも不妊大国になってねーわ。

 

「子供うまれたら、今の家を引っ越さないと狭いー」と言って、仕事中にネットで部屋探し。

「保育園も探さないとー」と言って、周辺の保育園情報をネットで収集。

「お腹が大きくなっちゃうから、妊婦用の服を買わなきゃ」と言って、ネットショッピング。

「つわりがひどくても食べられる料理、何かあるかなー」と言って、レシピ検索。

ノドチンコ丸見え状態の大きな口を開けて、何度もアクビ。

カバみたいなブサイク顔を見せられるこっちの身にもなってほしい。

それでも、自分は「品のある、育ちのいい女性」だと信じきっている。

 

 ひたすらネットサーフィンを終えたら、居眠り。

そのあとスマホ操作。 またネットサーフィン。 この繰り返し。

定時になったら、さっさと帰る。

 

もう、私はストレスではちきれそうになった。

何の罰ゲームだよ! 何かの訓練なのか?

彼女と同じ考えになりたくないけど、

「何でこの子が授かって、私には授かれないんだろう」と悔しさでいっぱいだ。

 

けっきょく彼女は、産休と育休を利用して、また復帰するつもりらしい。

その産休・育休の手続きは、もれなく私の業務になってくる。

なんて迷惑な話だ。ぜひ辞めてもらいたいと心から願う。

 

こうやって記事を書いている今も、私の視界に入ってくる彼女は、

スマホSNSをチェックしながらお菓子を食べて、ネットサーフィン中。

頼むから、家でやってくれ!!!