アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

二回目の採卵周期(ホルモン値確認)

二回目の移植判定もあっけなく陰性に終わり、

気持ちを切り替えて、また採卵周期に突入しました。

 

生理二日目、ホルモン値確認のため、採血からスタート。

生理真っ最中での内診も何とか終え、先生とのお話。

今回も、クロミッド服用と自己注射をして卵胞を育てていきましょう、とのこと。

 

また来ましたね、この周期。

クロミッドは毎晩1錠ずつ5日間。

ゴナールエフ皮下注ペンによる自己注射は、1日おきに3回。

まだ採卵周期二回目なのに、すでに流れを把握できてしまってるから、

「はいはい、りょうかーい」ぐらいのノリで先生の話を聞いていました。

 

タマゴちゃん、しっかりと育ってくださいね。

これが最後の採卵周期になりますように。

 

 

本日のお会計:49,320円

治療の総額:706,540円