アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

二回目の採卵周期(採卵当日)

採卵日がやってきました。

前日から飲食禁止だったので、お腹も空くしノドも乾いている中、

8:00にクリニックに向かいました。

今回は、旦那の都合もよく、院内採精となりました。

実際はあまり差はないのかもしれませんが、

自宅採精より、院内採精のほうが何となくフレッシュな分身が採れそう。

旦那は、初めての採精室の入室にドキドキした様子でした。

(あとで感想を聞かなきゃ(笑))

 

受付をしてから、私はすぐに2階の部屋に案内され、

旦那は採精室に案内されました。

「行ってらっしゃい。頑張って!」とお互いに声をかけつつ、お別れ。

 

2階の部屋の指定されたブースに入り、病衣にお着替え。

トイレを済ませ、ドキドキしながら順番が来るのを待つ。

部屋にはあと1人がいるようで、私か彼女かのどちらが先に呼ばれるか、

息をひそめて、ひたすら待っていました。

 

最初に看護師さんが呼んだのは、私のほうでした。

手術室に入り、名前と生年月日を読み上げ、内診台に上がりました。

看護師さん「座薬いれますねーー」と痛み止めの座薬をためらうことなくブスリと挿入。

 

すぐに先生が登場。

「よろしくお願いします!」

内診をしてから、「じゃあタマゴ採っていくからねー」と言われ、スタートしました。

 

痛い。。。でもそんなに痛くない。。かも。

でも前回の採卵時も、「もうすぐ終わるからね」と言われてから激痛が襲ってきたので、

今回も油断できず!

「チカラ抜いてーー」と言われたけど、それは無理だ。

めっちゃチカラ入るし、腰も浮くし、冷や汗たっぷり。

 

「もうすぐ終わるからねーー」

来ました!!魔の時間!

油断させておきながら、じつはこれからがめっちゃ痛いやつ!!

さぁ来い!

 

あれ? 今回は、そんなに痛くない・・・?

あれ? あれ?

と思っているうちに消毒が終わり、採卵終了。

 

ビビッてたので、足にチカラが入らず、ヨタヨタしながら部屋へ戻りました。

さっそく旦那にLINE報告。

30分ぐらい休んでから、1階に降りて旦那と合流。

どうだった? どうだった? と採精室の様子を興味津々に聞く嫁(笑)。

しばらくして診察室に呼ばれました。

採卵の結果、3個のタマゴが採れました!

すばらしい!

前回は5個だったので、2個少ない結果でしたが、それでも嬉しかった。

精子も元気もいいし、数も問題ないから、ふりかけ式で行くね」と言われ、

そのままお願いしました。

 

明日、11:00~12:00に電話で「受精確認」です。

これがまた緊張するんだな。

3個のタマゴがあっても、受精しないと意味が無い。

無事に、旦那の分身と嫁のタマゴが合体しますように!!

 

 

本日のお会計:216,000円

治療の総額:935,160円