アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

伊藤病院 再診

伊藤病院の初診日からまだ30日たってないし、チラーヂンもまだ余裕で残ってる。

「採卵、やってもいいよ」と、伊藤病院の先生に言われたけど、

もしかしたらなにか影響してくるんじゃないかと気にもなるし、

すっきりした状態で採卵を迎えたいと思って、伊藤病院へ行ってきました。

 

前回は6:00の仮受付を目指して、朝一番に表参道に向かいましたが、

今日は10:00ぐらいに行ってみました。

病院に着くと、思ったよりも人がいなくて、スムーズに流れていってるように見えた。

受付を済ませ、すぐに採血ブースへ。

ここにもあまり人がいなくて、すぐにチュルっと採血してもらえた。

 

検査結果が出るまでの間、「確認くん(順番待ち確認システム)」を見ながら、

表参道をブラリお散歩。

でも、表参道なんて滅多に来ないから、田舎モンには敷居が高い(笑)。

行くとこないし、早めに病院に帰ってきて、待合スペースで待機。

しばらくして、順番が回ってきました。

血液検査の結果、なんとTSHが「1.98」に!!!

すげぇ! チラーヂン!! 脅威の効果!!

先生にも「良かったですね」と言ってもらえました。

それでも、まだ油断はできず、チラーヂン服用は継続とのこと。

90日分のチラーヂンを処方されました。

「薬が無くなるか、妊娠反応が出て心拍が確認できたら、もう一度来院してください」と。

3ヶ月経過するのが早いか、心拍確認が早いか、もうドキドキです。

もちろん心拍確認できて来院したいものです!!

 

90日分のチラーヂン、けっこうな量でした・・・が、

これが無くなる頃には、きっと妊婦なんだな、私。

そんな淡い期待を持ちながら、伊藤病院を後にしました。

 

 

本日のお会計:2,900円

助成金合計:500,000円

治療費差引合計:1,022,588円