アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

同僚からの妊娠報告

(かなり愚痴を吐き出しています)

 

私は、少数精鋭の職場で働いています。

私が治療のために通院していることも、みんな知っています。

女性スタッフは、私ともう一人。今月入籍した新婚さん。

数年前から婦人科系の病気を患っていて、ずっと通院して治療してる彼女。

私が不妊治療を始めた頃にその旨を報告したら、

「こんな体だから、絶対に私も不妊なんだ! 私も不妊治療を始めないと!」と言っていて、

私の治療歴を興味津々で聞いていました。

 

私は、とりあえず不妊検査は受けておいたほうがいいと伝え、彼女も納得。

業務とのバランスを取りつつ、彼女も婦人科に通い始めました。

私がひっかかった「卵管造影検査」も難なくクリアしたようだけど、

AMHの数値が低く、「今すぐにでも治療を始めないと手遅れになる!」と脅されたらしく、

治療をはじめるべきか悩んでいました。

 

「それでもいつかは自然にできるんじゃないかなー」と言ってた彼女。

不妊治療をなめんなよ!と思いながら聞いていました。

 

そんな彼女からの突然の「検査薬で陽性反応が出た」との報告。

正直、頭が真っ白になりました。

言葉では「おめでとう」と言ったけど、心の中では全然違うことを考えていました。

 

あれだけ「私は不妊だ!不妊に違いない!」と騒ぎ立てておきながら、

しれっと自然妊娠。

どこが不妊

入籍した月に陽性反応って、どっちかって言うと「できやすい体質」でしょ?

完全に「勝ち組」オーラ出してるやん!

 

彼女は先輩ヅラして(←失礼・・・そんなつもりではないのだろうけど)いろいろ教えてくれました。

 

『漢方は、絶対に飲んだほうがいい!体質改善は重要!』

(彼女は私が漢方を飲んでいることを知りません。

しかも彼女が飲んでいるのは、ツ〇ラの漢方)

 

『作ろう!って思ってないときほどデキやすいから、子作りを意識しないほうがいい!』

(私は自然妊娠の可能性は極めて低いのを知ってて、それ言う?)

 

『検査薬の陽性反応って、時間がたってからジワーって出てくるんじゃなくて、

尿をかけたらすぐにパッて色が変わる!』

(そりゃそうだ。陽性反応が出てるんだもん)

 

『妊娠する夢を見た!起きてすぐに検査薬を使ったら、みごと陽性!』

(そんな夢なんて、今まで何度も見てるわ!赤ちゃん抱っこしてる夢も見てるわ!)

 

同僚の妊娠報告さえもめでたいと思えなくなった私。

家に帰って、旦那の顔を見たら涙が止まりませんでした。

 

たしかに彼女は私よりも年齢が下だから、卵の質もいいんだろうけど、

それでもどう考えても「私のほうが先に妊娠する!」って正直言って思ってた。

妊娠は「先着順」ではないから、彼女が先に妊娠したからといって、

私が妊娠しないというわけではない。

「彼女の妊娠」と「私の不妊」はまったく関係ないのはわかってる。

だけど、こればかりは言葉にできないほど精神的に荒れる。

他人には絶対にわからない。

仕方ない。仕方ない。

 

これから先、彼女のお腹の中の赤ちゃんの成長を、どうやって受け止めたらいいんだろう。

もう、ここから逃げ出したい。