アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

採卵してきました

採卵当日。

8:00までに受付とのことだったので、いつもより早起きして準備。

今回はオタマさん持参のため、旦那にも朝から頑張ってもらいました。

 

クリニックが移転してから、初めての採卵。

リカバリールームも、とてもとてもキレイすぎて、高級ホテル並みでした!

術衣に着替えて待っていると、案外すぐに呼ばれました。

待ち時間は、精神的にも短いほうがありがたいです。

看護師さんに連れられ、採卵室へ。

採卵室はいくつかあるのかな、「今日は〇番のお部屋で採卵します」と言われました。

採卵室も、とても明るく、大きなモニターも壁掛けしてあって、なんかワクワクした。

前回のクリニックのように、薄暗くて空気もどんよりしてる感じで、

いかにも「手術します!!」的な雰囲気とは間逆でした。

こういう雰囲気のほうが、心は落ち着いていいですね。

 

しばらくして、先生登場。

看護師さんに痛み止めの座薬を注入され、いざ採卵スタート。

モニターを見ていると、いくつかの卵胞が確認できました。

 

今回も麻酔無しで挑みました。

前半は「チクッ」とする程度で、全然ガマンできるレベルの痛さだったけど、

最後のタマゴを採るときが痛かった。。。

声が「うぅぅぅぅ・・・」って出て、先生も看護師さんも「もうちょっとだから頑張って!」と。

先生が、「大丈夫だよ、タマゴ採れてるからね」って。

痛くてもガマンするから、とにかく1個でもたくさんのタマゴを採って!!と願いました。

 

採卵時間、たぶん5分ぐらい。

痛かった。内診台から起き上がるのも下腹部に響いた。

そのままヨタヨタとリカバリールームに戻り、

リクライニングチェアを全開に倒して、安静タイム。

しかし、最後のは痛かった、卵胞の位置の問題なのかな、早く痛み止めの薬を飲みたかった。

 

30分ほど休んでから、診察フロアに下りて先生とお話。

「5個とれたよ!」と言われました。

成熟卵なのか未熟卵なのか、先生は培養士さんではないのでそこらへんの説明は無し。

でも変形卵はゼロとのことだったので、ひとまずは安心。

「おなか、大丈夫?」と言われたので、「痛いです」と伝えたら、

「これ、痛み止め、すぐに飲んで」と渡されました。

 

このまま胚盤胞まで培養し凍結希望、そして今回はSEET法にチャレンジしたいと伝えました。

5個のタマゴちゃんがこの後いくつ受精してくれるかわからないし、

受精したとしても、無事に胚盤胞まで育たないかもしれない。

でも、まずは採卵が無事に終了したことにホッとした。

ひとつひとつ乗り越えて、いつかは妊娠出産します!!

 

受精確認は、明日のお昼過ぎにメールで知らせてくれるようです。

ドキドキだ。

 

 

本日のお会計:162,000円

助成金合計:700,000円

治療費差額合計:1,878,218