アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

採卵周期1回目(合計4回目)ホルモン値確認

いよいよやってまいりました!

新しいクリニックで、初めて迎える採卵周期!

 

再診受付機に診察券を通し、指示通り10階の採血ブースへ。

そこには、やっぱり大勢の人が待機していました。

採血を済ませ、9階の待合スペースで結果待ちです。

多くの椅子が置いてあるにもかかわらず、座る場所を頑張って探さないと見つからない。

それぐらい、ここには患者さんがいるんだと再認識。

 

1時間ほど待ってから、診察室へ。

以前のクリニックでは、D3でも内診があり、卵胞の確認をしていましたが、

ここでは内診はないらしい。

ホルモン値の数値に問題はないので、採卵していきましょうとのこと。

今日から1日1錠、夕食後に「クロミッド」を服用。

この薬で、優しく卵胞を育てていくようです。

 

今までのように、自己注射がないので、ちゃんと卵胞が育ってくれるのか心配です。

でも、刺激を最小限にとどめて、できるだけ自然に近い形での妊娠を目指す治療方針のため、

これで様子を見てみようと思います。

 

 

本日のお会計:2,160円

助成金合計:500,000円

治療費差引合計:1,024,748円