アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

採卵周期1回目(合計4回目)採卵日決定

クロミッド服用開始してから、9日。

卵胞がしっかりと育っているかなとソワソワしながら、今日は卵胞計測の日。

いつもの流れで、採血→待合スペース→内診。

 

このクリニックの内診台に上がるのは2回目ですが、どうも慣れません。

わたし、内診台に上がるの、下手くそです。

モニターで卵胞が1個あるのが確認できました。

 

血液検査の結果、ホルモン値も問題なかったので、

めでたく、二日後に採卵日が決定しました!

時間は、明日電話で確認してくださいとのことでした。

クロミッドは、服用を中止するようにとの指示もありました。

 

診察室の次は、処置室。初めて入る部屋です。

そこでは看護師から、採卵までのスケジュール確認と、薬の説明を受けました。

今日の24:00にスプレキュア点鼻薬を、右・左・右に3プッシュ。

明日は、12:00から6時間おきに3回のボルタレン座薬。

座薬かーーーー! 小学校以来だなーーー!

 

スプレキュアで排卵をうながして、ボルタレン排卵を抑制するらしい。

この服用のタイミングが大切で、

時間が守れなかった場合、採卵がキャンセルになる可能性もあるらしい。

自然に排卵しちゃう危険性があるから、だそうです。

 

本日はお会計なし。

というか、採卵日当日にまとめてお会計らしいです。

 

点鼻薬もニガテだし、座薬もニガテ・・・。

でもこれをクリアしないと採卵ができなくなる。

旦那に泣き言を言ったら、「自己注射よりも全然余裕じゃない?」って。

そりゃそうだ、普通は自分に注射するのなんてまっぴらゴメンだよね。

それに比べたら、点鼻薬や座薬なんて余裕のよっちゃん状態。

わたし、感覚がマヒしてるようです(汗)。

 

点鼻薬、時間通りクリアできました!

プリプリのタマゴちゃんが育っていますように!

 

 

本日のお会計:0円

助成金合計:500,000円

治療費差引合計:1,024,748円