アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

採卵周期2回目(合計5回目)受精確認

 昨日無事に採卵を終え、「いいカタチのタマゴですね」とほめられた私は、

とても気分が良く、このままいい結果が出るんじゃないかとポジティブ思考。

 

今日は受精確認。

14:00頃に電話をかけてくださいとのことでしたが、

仕事の都合上、14:30ぐらいになってしまいました。

たぶん時間ピッタリにかけたところで、

何人もの人がかけてるからつながらなかったんだと思うけど。

 

電話をかけるとすぐに培養士さんが出ました。

診察券番号と名前を伝えて、しばらく保留。ドキドキ。

「採卵して2個の正常卵がとれましたが、その2個とも受精しました」!!!

良かったー! くっついた!

旦那の分身くんが、嫁のタマゴちゃんに向かって猪突猛進してくれた!!

 

さっそく旦那にLINE報告。

すると、

f:id:hetare-panda:20180208112426j:plain

当たりつき自販機で、見事フィーバー!

すばらしい☆

これはいい「追い風」が吹いてるんじゃないですかー?

 

凍結確認は6日後。

前回越えられなかった壁を、今回は越えていけますように!