アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

採卵周期2回目(合計5回目)採卵日決定

採卵前の卵胞計測・ホルモン値確認に行ってきました。

到着して受付完了早々、採血に呼ばれ、あわてて採血ブースへ。

これはいつも早いんだよ、順番が来るのが。

ここから結果が出るまでの長い長い待ち時間が始まります。

 

待合スペースに行っても、大勢の患者さんでいっぱい!

他のフロアにも呼び出しモニターがあるので、今日は待合スペースではなく、

別のフロアで待っていようと思ったら、何とそこも満席!

どんだけだよ!

 

座る席をやっとのことで確保して待つも、

1時間経ってもまだ呼ばれず。

いやしかし今日は長かった。

有名クリニックなのだから仕方ないし、

これだけ多くの人たちが治療を受けていると思うと、みんな頑張れと心から思う。

 

1時間半ほどして、やっと内診室への呼び出しが。

内診モニターを見ながら、右側に卵胞が一つあるのが確認できた。

先生が左側も探してくれたけど、どうやら育ってないらしい。

やっぱりか、残念。。。

 

そのあと診察室で、「二日後に採卵しましょう」と言われました!

卵胞は1個、十分な大きさまで育っていますと言われたけど、

採卵までに排卵してしまわないのかな。。。

もしかしたら、もう1個採れるかもとのことだけど、まぁ期待せずに。

クロミッドの服用は中止になりました。

処置室では、スプレキュア点鼻薬ボルタレン座薬の処方時間を聞いて、

今日の診察は終了。

お会計がなかった(というか採卵日当日にまとめて清算)ので、そのまま帰りました。

 

今夜はスプレキュア点鼻薬

点鼻薬、ほとんど痛くはないんだけど、やっぱりちょっと苦手だな。

 

そして明日はボルタレン座薬。

これも苦手だけど、我慢してクリアしなければ。

職場の冷蔵庫にこっそり入れて、時間になったらそれを取り出し、

トイレで座薬注入って。。。

なかなかハードル高い!

 

でも、これでプリプリのタマゴちゃんが採れると期待しつつ、空砲じゃないことと、成熟卵であることを願いながら、明日はお尻にブッ挿します!

 

 

本日のお会計:0円

助成金合計:700,000円

治療費差引合計:1,280,727円