アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

新しい漢方薬局

やっぱり体質改善を念頭に置きながら生活していかないと、

いくら高度生殖医療に頼ったところで、結果は出ないと思い、

近所の漢方薬局とはサヨナラして、

ネットで一番口コミが良さそうな漢方薬局に行ってきました。

 

せっかく行くんだから、薬局の代表先生にお願いしようと思い、カウンセリング予約。

場所は、帝国ホテルプラザの4階にあり、何とも高級感ただよう感じで、

田舎育ちの庶民の私には、どうも落ち着かない雰囲気。

漢方薬局に着くと、漢方独特の香りが充満していました。

 

カウンセリングシートに、これまでの治療歴や体質などを書き込んでから、

いよいよカウンセリングスタート。

先生は私の症状を聞きながら、カルテを作っていきます。

もちろん、舌診もありました。

近所の漢方薬局で受け取った漢方、2ヶ月飲んでいたけど、

血の巡りは改善されていなかったらしい。

漢方に即効性がないからなのか、そもそも漢方の効き目が悪かったのか。

漢方の治療に対する不信感・・・。

 

ここでも、私の症状に合った漢方をオーダーメイドで調合してくれました。

もちろん、毎日鍋で煎じて飲む生薬タイプ。

麦茶パックのような感じでいただきました。

14日分で33,688円! 高額!

1ヶ月だと、その倍がかかるというお話。

即効性がないものだから、継続しないと意味がないということで、

しばらくこの漢方を続けて飲み、定期的にカウンセリングを受けて調整するとのこと。

 

高いよ! 

1日分が1,400円って何だよ!

定期的にカウンセリングって、その都度カウンセリング料がかかるでしょ!

 

それでも、藁をもすがる思いで漢方での治療を再開しました。

 

 

本日のお会計:33,688円

治療以外の総額:65,440円