アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

移植周期1回目(合計5回目)ホルモン値確認(再診)

移植周期によるホルモン値確認のため、クリニックへ行ってきました。

初めて、平日の午後に行ったのですが、人が少ない!

少ないと言ってもガラガラなわけではないですが、

それでも土日とか、平日午前のことを考えたら、ずいぶん空いていました。

時間が合うようであれば、次回からこの時間帯に来たほうがいいかも。

 

クリニックに着いて、採血をし、いつもなら9階待合室に流されるのですが、

今日はそのまま5階内診室前に行って下さいとのこと。

そして、いつもなら採血から内診までが1時間半ぐらいかかるのですが、

今日は40分ぐらいで呼ばれました。

 

そのあと、しばらくして診察。

「ホルモン値も上がってきましたので、移植日を決めましょう」と言われ、

無事に移植日が決定しました!

処置室で看護師さんに、当日の流れの説明を受けて、本日は終了。

いつもの滞在時間は3時間超えなのに、今日は1時間ちょっとで終わりました!

 

ついに、このクリニックで初めての移植!

たった一個、凍結している胚盤胞をお迎えに行きます!

 

無事に着床してくれますように!