アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

BT2 フライングするかしないか問題

今朝、久しぶりに基礎体温を測り始めました。

移植後の基礎体温が、前日から0.3度以上低下した場合は、もう1日様子を見て、

翌日も上がらなければ受診するよう指示がありましたが、

面倒屋な私は、体温計を放置したまま、すでに1年が過ぎようとしています。

今さら計測を始めたところで、何の基準値もありませんが、悪あがきです。

 

さて、本日「BT2」なのですが、正直、何の症状も感じません。

デュファストンを服用しているからなのか、眠気が半端ないぐらいです。

 

ここで問題になるのが、「フライング」をするかしないか。

BT7が判定日なので、数日後には結果がわかるのですが、落ち着きません。

クリニックでの判定以外、結果がわからない世の中だったら悩まずに済むのに。

自分でいつでも調べられるだけに、ここからは自分のメンタルとの戦いになってきます。

 

 

過去の移植のときは、HCGの注射を打っていたので、

フライングしたところで正確な数値が出ないのがわかっていたから、あえて実行せず。

そもそも、判定日までに生理さん来てたしね。

 

でも、今は違う。

自力でHCGを生み出さなければ、検査薬が反応することはないわけで。

 

検査薬を買ってしまったら、今夜にもチャレンジしちゃいそうなのでガマンガマン。

まだBT2だから、ただの無駄遣いになってしまいます。

 

チャレンジするなら、日曜日かなぁ。

 

再び検索魔、登場です。

まだおなかの中にタマゴちゃん、いるといいな。