アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

夫婦で歩む不妊治療 -「基本のき」から「最新治療」まで-

渋谷のヒカリエで行われたフォーラムに参加してきました。

開演10分前に会場に着いたのですが、すでに大勢の方が来場されていてビックリ。

夫婦で来られている人が多かったですが、男性一人とか女性一人とか、

女性とお母さんとか、女性同士とかもちらほらいらっしゃいました。

 

f:id:hetare-panda:20181203165814j:plain

 

フォーラムがスタート。

まずは、不妊治療とは何ぞやといった基本的な説明。

ここは知っていることばっかりだったので、普通に聞き流し。

 

次に男性不妊について。

女性だけに原因があるのは41%、男性だけに原因があるのは24%、

男女共に原因があるとされるのは24%と、男性に原因があるされるのは48%となります。

(残りの11%は原因不明とされています)

たしかに、女性だけに原因があると考える人が多いと思いますが、

妊娠って、女性だけで成立するものじゃないんだから、男性にも原因があると考えるのが普通ですよね。

 

フランスの不妊治療の現状の説明もありました。

女性には「42歳以下」という条件はあるけど、人工授精(6回まで)、体外受精(4回まで)など、

不妊治療にかかる費用のほぼすべてが社会保険でカバーされているらしい。

つまりは無料。

なんてすばらしい制度なんだ!

治療も「夫婦二人でするもの」が前提だから、来院も夫婦揃って行くのが当たり前らしい。

回数制限は仕方ないにせよ、日本だって制度を見直すべきです!

 

世界の統計の話もありました。

日本は「体外受精の実施件数」は世界一にもかかわらず、

体外受精による出産率」は世界最低レベルらしい。

原因は、「晩婚化による卵子精子の質の低下」のようです。

卵子精子の質は、医学ではどうしようもないですからね。。。

心が痛みます。

 

不妊治療のやめどきの話もありました。

実際に、不妊治療をしていたけどやめたという女性のVTRを見ました。

私も正直、いつまで治療を続けるのか、全く見えてきません。

でも辞めるのは今じゃないのかなとも思うから、やめません。

まだまだ出来ることはたくさんあるだろうし、可能性もゼロじゃないと思っている。

あとは年齢との戦いだな。

 

最後に最新治療の説明がありました。

「PRP(多血小板血しょう)療法」と呼ばれる再生医療です。

誰もが生まれながらにして持っている「自然治癒力」を利用した治療法で、

有名なところで言えば、エンゼルス大谷選手やヤンキース田中将大投手が受けた治療法。

この治療法が不妊治療の現場に取り入れられる日も近いようです。

具体的には、内膜がなかなか厚くならない患者に対して、内膜を厚くして着床を促すといった治療。

自然治癒力を利用して、内膜を作っちゃいましょうって感じ。

まだ臨床試験の段階なので、一般に取り入れられるまで時間がかかるようですが、

医療というのは、日々進歩してるんだなと感心しました。

 

今回のフォーラムは、来年1月にNHKで放送されるようです。

ぜひもう一度見てみたいと思います。