アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

BT7 着床判定①(②)

BT4の診察で、β-HCBの数値が「9.4」でした。

前回よりも高い数値だったので、正直言って今回は期待大!!

今日はBT7、着床判定日です。

旦那も仕事が休みだったので、一緒にクリニックへ。

 

採血をしてもらい、待つ、待つ、待つ。

移植時にいただいた用紙に

「β-HCG=20以上で正常着床の可能性あり。40以上で80%が継続妊娠」

と書いてあるので、目標は40以上!

でも、前回はBT7で112.8という、まさかの100超えをしたし、

今回はBT4で9.4あったので、今回も100は超えてほしいという思いでいっぱいでした。

 

待つこと約1時間半、ようやく診察室1に呼ばれました。

入室早々、モニターを見ました。

「46.9」

え??って思いました。

ショーキチ先生も、「これはちょっと低いですわ、BT4で9.4あったら今回は70は欲しいところです」と。

「このまま失速するか、伸びていくかは、また5日後に見てみんとわからんです」と。

 

ショックでした。

退室してからも、言葉が出ず。

そのとき旦那に「よかったね、目標の40超えてたね!」って言われて、ハッとなりました。

元気づけようとしてくれていたみたいで、なんか申し訳なかったです。

 

ルティナスは終了ということだったので、お会計をして帰りました。

日本橋でご飯を食べて、家に帰ってもやっぱり元気のない私。

 

お腹の中の居心地が悪いのかなぁ、くっついてくれるのに成長してくれない。

とはいっても、今回はまだあきらめたわけじゃない。

タマゴちゃんは、おなかの中で頑張ってくれている!

がんばれ!がんばれ!

5日後の来院まで、プクプク育ってください!