アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

D10 採卵周期③(採卵日決定)

採卵周期に入っているにもかかわらず、

「妊活モード」から遠ざかった生活を送る日々です。

D10、指定日のため、クリニックへ。

毎度のとおり、採血→内診→診察 の流れ。

今日は、内診時に子宮頸がんの検査も同時に行いました。

 

診察室で先生とのお話。

内診エコーの用紙には、「さいらん」ってすでに記入されていました。

D10で採卵日が決定するのは初めて。

でも、卵胞の数がやはり増えておらず、主席卵胞+小卵胞が2個。

少ない。。。

それでも、「数じゃない!質だ!」と言い聞かせて、採卵に挑みます。

 

処置室で、ブセレキュアスプレーとボルタレン座薬を受け取り、お会計。

 

約1年ぶりの採卵、無事に採れますように。