アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

D10 移植周期②

特に何事もなく、移植周期を過ごしています。

こうして穏やかに過ごせるのも今のうち?

移植が済んだら、ソワソワばかりの生活なんだろうな。

 

受付後、採血をして内診。

モニターにうつされるエコー画像を見て、卵胞の数が思ったよりも多いなと。

あれ?こないだの採卵周期よりも、卵胞の数、多くない?

もしかしたら、今周期に採卵したら、前回よりも採れたんじゃない?

まぁ、今さら思っても仕方ないけど。

 

診察室で、先生のおはなし。

排卵までまだ数日ありそうですね。

三日後にもう一度検査して、排卵日を確定しましょう。」と言われました。

 

ゆっくり、穏やかに過ぎていく移植周期。

これが最後の移植になりますように。