アラフォーが挑む、不妊治療物語

40歳アラフォー、まさかの不妊が発覚し、現実を受け止めると同時に不妊治療スタート。 精神、肉体、金銭、崩壊間近。

D14 採卵周期③(分割の確認)

約1年ぶりの採卵では、主席卵胞+小卵胞=2個の成熟卵が採れました。

今日は、受精したか、そして分割しているかの確認の日です。

 

1回目の採卵→7個採れて、3個分割。

2回目の採卵→8個採れて、3個分割。

 

3回目の今回は、2個しか採れなかったので、確率的にはそもそもゼロに近い。

ここでタマゴちゃんのパワーを信じてあげなければいけないのに、

正直、私たちはあきらめモード。

 

確認の電話をするのも忘れてしまっていて、大幅に時間を過ぎてしまった。。。

「時間を過ぎてしまったんですけど、分割の確認はできますか?」と聞いたら、

培養士さん、快く受けてくれました。

ありがとうございます!

 

「2個の成熟卵を、顕微授精した結果、、、

主席卵胞から採れたタマゴは受精反応が見られ、分割を続けています。

小卵胞から採れたタマゴは、受精反応が見られなかったため、培養を中止しました」

とのこと。

 

お!主席タマゴちゃん、頑張ってくれていました!

まだまだ長ーい長ーい道のりですが、一つ一つ進んでいけますように!

 

目指せ!凍結!